生前贈与をしたい人向け!不動産名義変更のやり方とは

もう迷わない!不動産名義変更

新着記事

生前贈与をしたい人向け!不動産名義変更のやり方とは

生前贈与とは不動産所有者が生きている間に不動産名義変更を行うことです。

贈与者と受贈者が用意する書類は異なります。

しかし、生前贈与が原因で「後々トラブルが起きた」という話も少なくはありません。

必要書類と発行場所、トラブルなく生前贈与する方法をお伝えします。

■贈与者が用意する必要書類の方が多い

受贈者が用意する書類が3つに対し、贈与者が用意する書類は5つあります。

・登記済権利証=法務局

・印鑑証明書=市町村役場

・固定資産評価証明書=法務局

・贈与契約書

・贈与証書

受贈者が用意する書類は以下の3つです。

・住所証明書

・贈与契約書

・贈与証書

間違えのないように用意しましょう。

■トラブルなく生前贈与する方法とは?

生前贈与はトラブルがつきものと言われています。

誰が譲り受けるのか、どのくらい譲り受けるのか、関わりのある親族間でしっかりとした話し合いが必要となってきます。

トラブルなく生前贈与する方法は「話し合い」のみです。

全員が譲り合い、納得のいく形になるまでとことん話し合いをしましょう。

誰かが納得しないまま不動産名義変更をしてしまうと、後々問題が起きる可能性もあります。

■全員が納得してから不動産名義変更をしよう

生前贈与による不動産名義変更は贈与者と受贈者だけの問題ではありません。

家族や親戚など、関わりのある親族からの承諾がないまま名義変更してしまうとトラブルを招いてしまいます。

そのようなことがないようにしっかり話し合いをした上で必要書類を準備し名義変更をしましょう。